肌に関する知識人お勧めの美容ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

紫外線はお肌の大敵

紫外線は、肌に当たると色々な肌トラブルの原因となってしまいます。
そのため、できるだけ紫外線は浴びない方が肌のためには良いのですが、外出すると多少なりとも紫外線を浴びてしまうのは、仕方がないことです。
そこで、どのように肌が吸収する紫外線の量を減らすのかが、美容面では大きな問題となります。
その方法として最も一般的なものと言えば、日焼け止めの使用でしょう。
しかし、実は日焼け止めにも色々な種類があり、その種類ごとに適したシーンや効果が異なります。
日焼け止めを塗っておけば安心だと思っている女性も多いようですが、日焼け止めの使用方法や選び方を誤ってしまうと、かえって逆効果になってしまう可能性もあります。
正しい日焼け止めの選び方、そして使い方をマスターしておきましょう。
まずは選び方から紹介していきます。
日焼け止めのパッケージを見てみると、何かの数値が記載されています。
その数値には、SPFとPAの2つがあります。
SPFとは、サンプロテクションファクターの略称で、紫外線のB波をどの程度カットするのかを表しています。
例えば、SPF30と記載された日焼け止めを使用する場合、その使用者が紫外線を浴びることによって赤い斑点などの日焼けによる症状が現れるまでに20分かかるとすれば、20分とSPFの30をかけ算して、600分という結果になります。
この600分というのが、日焼け止め効果の持続時間を指し、この使用者なら、SPF30の日焼け止めで10時間程度肌を紫外線B波から守ることができるというわけです。
一方、PAとはプロテクショングレイドオブUVAの略で、紫外線A波に対する指数となっています。
SPFは、肌の表面に赤みなどの影響を与える紫外線B波への対策ですが、PAはもっと肌内部に悪影響を及ぼす紫外線A波への対策です。
日焼けをすると、最初は肌の表面が赤くなり、その後黒ずんできます。
この最初の赤みに対するのはSPFで、その後黒くなるのを防ぐにはPAが重要だとおぼえておきましょう。
ただし、SPFもPAは、日焼け止めクリームなどを、1平方センチメートルあたり2mgずつ塗布することを前提として、その効果が記載されています。
そのため、それよりも薄く塗った場合や、汗などによって途中で薄まってしまった場合には、十分な効果が得られません。
何度も塗り直すなど、数値通りの効果が得られるように、工夫をする必要があるでしょう。
また、できるだけ紫外線を浴びないように気をつけることも、重要なスキンケアの一つです。

話題の美容に関わる話は、このサイトで情報収集しましょう

  • 不管是敏感肌膚或是抗老保養都可以使用的超強保濕保養品是一個?
Search


Copyright (C)2017肌に関する知識人お勧めの美容ツール.All rights reserved.