肌に関する知識人お勧めの美容ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

メイクを長持ちさせるコツ

ほとんどの女性が、毎日何らかのメイクを行っていると思います。
メイクにかける時間や、使用する道具、コスメなどは一人ずつ異なっているとは思いますが、「すっぴんよりもきれいな自分になりたい」という目的は、きっと誰もが同じではないでしょうか。
そんな、きれいになるために施すメイクですが、残念ながら肌から分泌される皮脂などによって、時間の経過とともに崩れてしまいます。
ずっと朝の状態が持続できれば良いのですが、やはり徐々に崩れるものなのです。
そんな化粧崩れが悩みの種になっている女性は多いかもしれません。
一日中忙しく働いている女性の中には、メイク直しの時間ももったいないという人がいるでしょう。
しかし、夕方になってから来客対応をするような場合、あまりに化粧崩れをしていると、恥ずかしい思いをしてしまいます。
また、彼氏とのデートで、朝はバッチリメイクを決めていても、夕方になって化粧崩れを起こしてしまっては、デートが台無しになりかねません。
そこで、メイクを長持ちさせるためのコツをマスターしておきましょう。
そのコツは、ベースメイクにあります。
上に上にと塗り重ねることで、化粧崩れを防ごうとする人が多いのですが、しっかり長持ちするメイクをするためには、下地の段階が非常に重要なのです。
正しい手順と、過程ごとのポイントを覚えておいてください。
まず、一番に顔につけるのは、化粧水や乳液といった肌のコンディションを整える化粧品です。
朝は忙しいため、この基礎化粧品を適当に塗布している人も多いと思いますが、肌のコンディションが悪い状態でメイクをしても、絶対に上手くいきません。
こういった美容成分を含む化粧品を塗布した後は、その成分が浸透するまで少し時間を置くのがポイントです。
次に化粧下地を塗布するわけですが、乳液や美容液をつけたあと、少し間をあけると良いでしょう。
化粧下地を塗布する段階では、できるだけしっかり肌に馴染ませるようにします。
塗りムラがあると仕上がりにもムラができてしまいます。
皮膚を傷つけないように指の腹を使って軽くのばしていき、塗り終えた後は少し落ち着かせるために時間を置きます。
そして、それからようやくファンデーションです。
ファンデーションは顔の中央から外側に向かって放射状にのばしていき、まずは面積の広い部分から仕上げていきます。
目の周りや小鼻などは狭くてのばしにくいですので、後から丁寧に行いましょう。
さらに、口元などのよく動かす部分は、化粧崩れしやすくなりますので、できるだけ薄付きになるよう心がけます。
そして、最後にフェイスパウダーなどで表面を整えると、化粧崩れし難いベースメイクの完成です。
Search


Copyright (C)2017肌に関する知識人お勧めの美容ツール.All rights reserved.