肌に関する知識人お勧めの美容ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

自分の肌質を正しく知ろう

なかなか自分の肌に合う化粧品を見つけられないという女性は多いようです。
色々なメーカーの商品を試してみても、何となく合わないといったことはよくあります。
特に、人から勧められた美容化粧品を試したときに、かえって肌トラブルが起こってしまったというケースは多いものです。
いくら高級な化粧品でも、自分の肌に合っていれば良い化粧品だとは言えません。
大切なことは、自分の肌質に合ったものを使用することなのです。
もしも、なかなか自分に合う化粧品が見つからないという人は、もしかする自分の肌質を正しく理解していないのかもしれません。
そこで、自分の肌質を正しく理解するために、ここでは肌質を大きく4つに分けて、その特徴を紹介しておきたいと思います。
まずは、多くの人が悩まされている、乾燥肌タイプです。
乾燥肌タイプに分類されるのは、水分量も少なく、さらに皮脂量も少ないという人です。
例えば、肌にかゆみや突っ張りを感じることが多い、また粉拭きが気になるような場合には、乾燥肌だと考えて良いでしょう。
そして、皮脂量は比較的少なく、水分量が豊富だという場合には、普通肌タイプに分類できます。
この普通肌は、一般的には非常に肌の状態が良いと言われており、肌全体のキメが細かく、潤いや弾力がしっかり維持できていることが大きな特徴となります。
この普通肌が維持できている場合には、肌トラブルも少なくなるでしょう。
そして、水分量が少なく、皮脂量が多いという人もいます。
このタイプは混合肌と呼ばれ、皮脂の量が多いのも、全体的ではなく部分的だという人が多いようです。
この混合肌では、皮脂量の少ない部分に乾燥が起こりやすいため、頬や口の周りなどが乾燥しているにもかかわらず、額や鼻周辺は皮脂でテカってしまうといった現象が起こります。
そのため、乾燥肌と誤解しやすいので注意しましょう。
そして、4つめは脂性肌タイプと呼ばれるものです。
このタイプは、水分量が多く、さらに皮脂量も多いため、全体的に脂っぽくなってしまい、ニキビなどができやすいという特徴があります。
これら4つの中で、まずは自分の肌がどのタイプに一番近いのかを考えてみましょう。
特に注意したいのは、混合肌の場合です。
一部が乾燥しているからといって、乾燥肌だと決めつけてスキンケアをしていると、逆効果になってしまうこともあります。
肌タイプは化粧品選びの大切な目安となりますので、ここがスキンケアのスタート地点だと思ってください。
Search


Copyright (C)2017肌に関する知識人お勧めの美容ツール.All rights reserved.