肌に関する知識人お勧めの美容ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

正しい洗顔のポイントとは

顔に何らかの肌トラブルを抱えていて、いくらメイクで隠していても、どうしても悩んでしまうという女性は多いようです。
色々な美容グッズや基礎化粧品を試してみても、なかなかトラブルが解消されない場合、もしかすると洗顔方法に問題があるのかもしれません。
エステへ足を運んでフェイシャルコースを受けてみるのも良いですが、まずは毎日の洗顔から見直してみるのも良いでしょう。
洗顔は毎日のことですので、その方法に誤りがあれば、肌へのダメージは非常に大きなものとなります。
小さなことの積み重ねが美しい素肌を作りますので、コツコツと正しい洗顔を実践していきましょう。
それでは、具体的にはどういった点に注意すれば良いのでしょうか。
まずは、意外と忘れてしまう人が多いのですが、洗顔の前にはきちんと手を洗う習慣を身に付けましょう。
洗顔前にもしも手が汚れていると、洗顔料の泡立ちが悪くなってしまい、洗顔の効果が下がってしまうのです。
朝起きて顔を洗う前には、まず手を洗います。
また、入浴前にメイクを落とすと思うのですが、このときもまずは手をきれいに洗って、それからメイク落としを手に取るように心がけましょう。
そして、さらに重要になるのが予洗いです。
突然洗顔料や洗顔石鹸の泡を顔につけるのではなく、先にぬるま湯で予洗いをします。
そうすることで、顔の表面に付着した埃などの大きな汚れを落とし、また皮脂を浮き上がらせて洗顔の効果を高めることができます。
続いて、実際に洗顔料を手に取ったあとですが、ここで十分に泡立てることを忘れてはなりません。
よく、指の腹や手のひらで顔をしっかり擦ってしまう人がいますが、これでは肌に大きな負担をかけることになります。
洗顔時には、洗顔料の泡で汚れを吸着するのが基本ですので、しっかり手の中で泡立て、泡のキメが細かくなるようにします。
近年では、泡立てネットを使用する人も増えてきました。
短時間でキメの細かい泡ができるネットは、非常に便利なグッズです。
さて、それではいよいよ洗顔に入ります。
しっかり泡立てた洗顔料で、皮脂の多い部分から洗っていきましょう。
特に、Tゾーンやアゴなどは皮脂が多いですので、丁寧に洗っていきます。
そして、このとき絶対に強く擦らず、泡をクッションのようにして、肌の上で泡を転がすように洗っていきます。
丁寧に泡を転がすことで、皮膚の表面についた汚れをしっかり落とし、肌へのダメージを防ぎます。
そして、洗い終わったらすすぎです。
実はこのすすぎが非常に重要で、洗顔料の成分が肌に残らないように、しっかり洗い流さなくてはなりません。
このとき、すすぎが不十分だと、肌トラブルの原因になる可能性があります。
Search


Copyright (C)2017肌に関する知識人お勧めの美容ツール.All rights reserved.